子育てブログ ハレルヤ

8歳の子供の成長・勉強法を中心に日常のできごと・オススメ・手帳について書いてます☆リンクフリーです♪

やっていいこと 悪いこと がわかる子の育て方

『やっていいこと 悪いこと がわかる子の育て方』読んでみました




DSCF5550.jpg



今回も、図書館の新書コーナーでひと際目立っていた黄色い本を借りました



前回借りた黄色い本「読書の方法」に・・・



気になった時点で、きっと自分の知りたい情報がその本の中にはある



みたいなことが書かれていたし、全部読まなくてもいい!と書かれていたので



素直にそれを受け入れ、借りてみることにしました



『やっていいこと 悪いこと がわかる子の育て方』の内容はというと・・・


○「ダメ!」と叱らなくても自分で判断できる力を育てる

○危険や悪から身を守るために親だからできること

○子供の判断力は「親の話し方」でガラリと変わる

○「やめたいのにやめられない」から脱け出す方法


を柱に


*子供の自主性を育てること

*思考のハンドルを自分(子供自身)が握れるようにすること

*自分で判断できる力を身につけること

*お母さんだけはその子の味方でいること


などなど、この先Kと一緒にぶち当たってしまうであろうこと



一緒に乗り越え、解決していかなければならないであろうこと



について書かれていました



もちろん、この本の内容が全てではないですし対応の仕方も様々だと思います



ただ、本当にその壁を目の前にした時、参考になる1冊かなとは思いました



この本にも書かれているように、子供の問題を親が解決しようとし過ぎるのは



よくないことだと思いますが、手助けが必要な時もあるのかなと・・・



そういう時に、もう一度読みたい本でした



そこで・・・



DSCF5627.jpg



マインドマップ風にまとめてみました



時々、読んだ本をこんな感じでまとめたりすることもあります



まとめるには少し時間がかかりますが、本を読み直すより



このまとめを見たほうが時間がかからず、内容を思い出せるので








↓クリックして頂けると励みになります★
にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment