FC2ブログ

子育てブログ ハレルヤ

10歳の子供の成長・勉強法を中心に日常のできごと・オススメ・手帳について書いてます☆リンクフリーです♪

孤母社会~母よ、あなたは悪くない!

少し前の話になります


家事と子育てに追われる毎日


子供の成長はうれしいけれど子育てはやっぱり大変


自分の時間をとることができない日々


実家は車で15分のところにあるのになかなか足を運べない


友達ともなかなか会えない日々


夫は仕事が忙しくなり帰りが遅くなることが


増え話をする時間がない


そんな日が続いたある日ふと思いました


私今日何しゃべったっけ?


私家族以外の人に会ったのは・・・家族以外の人と話したのは


いつだっけ??


これってどうなの?


あまりいいことじゃないよね?


なんか孤独。。。


凹みながらもこれじゃいかん!と思い今できることは・・・と


考え何か参考になる本はないかと探した時1冊の本に出会いました


孤母社会~母よ、あなたは悪くない



R0014655.jpg


高濱正伸(たかはままさのぶ)さんが書かれた本です


高濱さんは予備校などで受験生を指導する中で学力の伸び悩み


人間関係での挫折とひきこもり傾向などの諸問題が幼児期


児童期の環境と体験に基づいていると確信


その後「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を重視した学習教室


「花まる学習会」
を設立


またボランティアとして不登校、家庭内暴力などの問題解決に


取り組まれています


講演会をされたりテレビに出演されたりしているので高濱さんのことを


知っていてとても関心があったので高濱さんが書かれたこの本を


読んでみることにしました


孤母社会の内容は・・・


現在の母親の置かれた立場を一言で形容すれば、それは「孤独」である。

核家族化、地縁の希薄化を憂える意見は特に耳新しいものではないが

30~40年前と現在とでは、その様相は大きく変化している。

現在、成人前の子どもを持つ母親は、単に育児状況が孤独であるという

ばかりでなくそういった状況を、自身がすでに内面化してしまっている

点に大きな違いがある。子育てはそういうものだと思い込んでいるのだ。

ここに最大の問題が潜んでいる。ひきこもりや家庭内暴力など、現代の

子どもが起こすトラブルは、その大半が母親の内面化された孤独に起因

するものであると私は考えている。といっても母親だけを責めるのではない。

これは、母親の自助努力だけで解決するような単純な問題ではなく

現代社会全体の課題なのだ。



と述べられており、解決に向けてのヒントが書かれています


上に書いたことだけを読むと何だか余計に暗くなり凹んじゃいそうですが


私はこの本を読んで気が楽になりました


またどこか「しっかり子育てしないと!」「子育ては私の役目!」みたいに


気を張っているところがあった私は「もっと人を頼ろう」と


思い直すことができました


そして一番近くにいる夫へ本の内容をざっと説明し読んで


おくよう課題を出しました


今は以前に比べ考え方が少し変わり気の抜き方も


上手くなってきたと自分で思います


日々勉強の子育てですが楽しみながらやっていきたいと思います


孤母社会 母よ、あなたは悪くない! (講談社プラスアルファ新書)



↓こちらも応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村

↓↓クリックして頂けると励みになります★


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment