FC2ブログ

子育てブログ ハレルヤ

10歳の子供の成長・勉強法を中心に日常のできごと・オススメ・手帳について書いてます☆リンクフリーです♪

あそびの教室 実践編

言語相談でお世話になっている保健師さんのすすめで10月から来年3月まで月に1回行われる


『あそびの教室』に参加しています  言語相談の記事はこちら


保育士の先生と保健師さんそして子供と親とが一緒になって遊ぶのですが


その遊びの中に色々なものが取り込まれています


時間になると部屋へ入り・・・


①あいさつ

②自分で靴を脱ぎ靴を揃える(靴を脱ぐ場所が指定してあります)

③出席カードに自分でシールを貼る(参加する日付のところに)

④おもちゃを使って自由に遊ぶ

⑤おもちゃでの遊びが終わりであることを先生が伝えると自分達でおもちゃを片付ける

⑥次に遊ぶアスレチック遊びの準備まで先生と一緒に歌にあわせて踊ったりして待つ

⑦アスレチック遊び
(ラインで順番を待つ→名前を呼ばれたら手を挙げて返事をしてスタート→まず少し高いところを

歩いていき最後でジャンプして降りる→トンネルをくぐる→親がこどもの足を持ち子供は手で次の

障害物の坂まで歩く→坂を登り坂を滑って降りる→滑ったところに居る保健婦さんに「ちょうだい」

と伝えボールをもらいダンボールでできたアンパンマンの口に投げ入れる→2回目の列に並ぶ)

⑧お勉強(例:木が描かれ数箇所に両面テープが貼られた画用紙と柔らかい紙が用意されています。

その紙を自分で破り丸め両面テープをはがしてその丸めた紙をはるとりんごの木が完成します)

⑨本を読んでもらう

⑩みんなで体をつかった遊び

⑪靴を履いてあいさつをして帰る


これを1時間の間で行っていくので結構ハードですが意味がある遊びが取り込まれているので


この教室で行われているようなことは日頃の生活や遊びの中に取り入れていたのですが


同じくらいの子が周りでやっている姿をみたり・・・


できたら褒めてくれる方がたくさんいるからかこの教室が終わったあとのサンはちょっと違います


長くなるので効果はまた記事にします。。。


↓我家では障害物としてジャングルジムを使ってます☆





↓こちらも応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
にほんブログ村

↓↓クリックして頂けると励みになります★











 
  


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment